1/2

ラルザン(ラ タンジェント) オスタラ 2022

¥5,170 税込

※この商品は、最短で5月30日(木)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

別途送料がかかります。送料を確認する

¥20,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

ワイン名・オスタラ 2022
生産者名/ワイナリー名・ラルザン(ラ タンジェント)
生産国・フランス
生産地域・ローヌ
スタイル・赤
品種・グルナッシュ70% シラー30%。

「アンコール!」と真逆のセパージュであり、より長く熟成したもの。樽に「Printemps=春」と書いていたが、Dard et Riboに同名のキュヴェがすでにあるため、イースター祭の名前「ostara」と名付けた。品種毎に醸造。30%は全房、70%は圧搾。その後ブレンド。フードル樽とアンフォラで8か月熟成。わずかにオレンジがかったチェリーレッド。苺シロップやグレナデンなど甘美な赤い果実味。わずかにバニラエッセンスのようなニュアンス。口当たりは丸く、しっとりとした質感。ほどよい酸味が全体を引き締めており、艶やかで気品あふれるエレガントな味わい。アルコール度数13%

「ラルザン(ラ タンジェント)」
トラクターなど全く機械化できない断崖絶壁の斜面で葡萄栽培をしており、ただでさえ収穫量が少ないことに加えて害獣の被害で自社葡萄の収穫量は極端に少ないという、あえて厳しい環境でのワイン造りに取組むレミとパトリシア。今回のリリースは自社葡萄に先立って、信頼している仲間からの買い葡萄によるネゴシアン・ブランド、「ラ・タンジェント」のものとなります。ドメーヌアイテムははもう少々落ち着かせてからのリリースとさせて頂きます。タン・レルミタージュでぶどう畑に囲まれた育ったレミ。とにかく肉体的な仕事が好きで、山岳ガイドを経て馬で畑を耕す会社を立ち上げ、マドリッドで人材紹介会社で働きながら芸術活動を続けるパトリシアと出会い意を決して2013年からワイン造りの世界に入る。アルデッシュにて入手した区画は標高400mから崖のようにテラスになっている区画の樹齢80年、古木のシラー、マルサンヌ、ルーサンヌ。トラクターなどもっての他、全て手作業かつほとんどのぶどうを猪など動物に食べられて収穫量は12hl/haとほとんど無い。そして2014年にサン・ジョゼフに花崗岩とサハラ砂漠の砂の堆積の土壌の区画を手に入れたが、ここは20年間害獣の被害で収穫ゼロの区画。彼らは、この区画の森林を切り拓しルーサンヌ、マルサンヌを植樹し1haのぶどう畑を造りあげた。どちらの区画も害獣被害から守るために、ぶどう畑の周りを電線で囲っているが、ただでさえ崖のような区画でとんでもない作業だ。その柵を乗り越えてくる害獣対策でペルゴラ仕立て(棚仕立て)でぶどう樹を高く仕立てている。自社畑の収穫量はとんでもなく少なく、買いぶどうでのネゴスワインを造りながら、少しずつ自分達の目指す方向に向かっている。2019年に手に入れた古い農場をカーヴとし、その周りにアルバリーニョ、サヴァニャンなど酸のあるぶどう品種も植樹し、これからの地球温暖化対策もしている。カーヴも今から少しずつ整備していくという。なぜそこまで!というぐらい自ら苦難に立ち向かうレミとパトリシア。これまでのワインも素晴らしいが、これから未来に向かって激進する生産者ラルザンをしっかりと応援していきたい‼︎ ファイト‼︎レミ&パトリシア!

このショップでは酒類を取り扱っています。20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥5,170 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品